親による代理お見合いの流れですが、まずは親同士でお見合いをして、子供を紹介しあい、お互いに同意すれば後は子供達に任せるというものです。つまり、昔にしていたお見合いと同じようなシステムになり、親が子供に代わって結婚相手を見つけてくるケースもあれば、子供から親に頼み込んで結婚相手を探してもらうというケースもあります。ただし、昔のお見合いの場合、友人や上司、知人や親戚からの紹介の為、少し面倒なことも。相手の顔を立てたり、面子を気にしながら進めたりと、相手探しとは別な面で複雑な事情がありました。この親による代理婚活の場合は、親同士も一期一会ですので、初めて顔を合わせて縁がなければ一度切りでも、知り合いでもなんでもありませんので気まずくなることもなく、比較的精神的負担やダメージを受けることなく終了することができます。

親に自分の結婚相手を見つけて来てもらうなんて、と思う方は、今までの婚活生活を振り返ってみましょう。全く成果が出ていない方には、それなりに理由があり、改善策を講じる必要があると考えなければいけません。ご自分の目よりも、親の目から相手を探してもらった方が吉と出ることも大いにあります。ここは一度親に頼ってみてはいかがでしょうか。